ニットのようなもこもこした編み目模様が可愛い冬に人気のニットネイル。

更新日:2016年12月22日 

もこもこニットネイルで指先まであったか♥︎

ニットのようなもこもこした編み目模様が可愛い冬に人気のニットネイル。 ジェルネイルや一般のネイルポリッシュじゃなきゃ出来ない、と思っていませんか?
胡粉ネイル1本で手軽に立体感のある編み目模様が作れるんです。
用意するのは好きな色の胡粉ネイルと爪楊枝。これだけ!
動画も公開したのでこちらも見てくださいね。

「胡粉ネイルでニットネイル」動画はこちら

爪楊枝で模様を描きます〜

通常はまずベースに同じ色を塗りますが、今回はいきなり自爪に編み目模様を描きます。
爪楊枝で「×」をつなげるように描いてください。縄編みの曲線より簡単に描けます。
柄はシンプルな方が仕上がりがキレイです。


ネイルを塗るというより乗せるような感覚で描くのがコツです。
1回ずつ乾かしながら、3回程度同じように塗り重ねてください。
模様の盛り上がりを見ながら重ね塗る回数は調整してください。
最後に同じ色で全体を塗ります。

最後に全体を塗ることで、模様の境目が滑らかに仕上がります。
ただ、厚塗りすると模様が埋まって、折角のもこもこした立体感が消えてしまうので、気をつけてくださいね。
模様部分が厚いのでいつもより少し乾くのに時間がかかりますが、速乾性のある胡粉ネイルなので、一般のマニキュアより早く完成します。
オススメは、「桃花色」「藤紫白」「胡粉」など、淡い薄めの色みを使うことでよりニットな感じが表現できますよ。「雲居色」もいいかも。

パステル系の「いちごみるく」や「ミントアイス」を使えば春ニットも出来ます!

パステル系の「いちごみるく」や「ミントアイス」を使えば春ニットも出来ますね。
残念ながら胡粉ネイルにマットコートはないですが、一般のマニキュアでも使われる「粉を混ぜる」という裏ワザは胡粉ネイルでも出来ます。
スーパーコートを必要な分だけ容器に出して、少しベビーパウダーなどを混ぜれば(片栗粉を混ぜるって人もいますが(^^; )簡易なマットコートとして使えます。
手軽なのに本格的なセルフネイル、冬のコーディネートにぜひチャレンジしてみてください。
ツイードやブランケットネイルと組み合わせてガーリーな指先もステキですよ。