出会いを求めている人には青、白がオススメ

更新日:2016年11月30日 

出会いを求めている人には青、白がオススメ

出会いを1あなたは自分自身の個性や可能性を知っていますか。自分の持っている力を信じられなかったり、自分を否定したりしていませんか。
人には必ず持って生まれた才能というものがありますが、それに気づいていなければ才能を発揮することもできませんよね。
あなたが生活の中で選んでいる色ひとつひとつに、意味が隠れていることがあり、色の意味を知ることは、自分を知ることにつながります。また、自分を表現してくれるツールのひとつでもあります。色を知ることで生きる知恵のひとつにしていただけると幸いです。

  • 雲母(白銀の輝き)雲母(うんも) 銀白色にきらきらと輝く爪を演出し、上品で涼しげな印象に仕上がります。
  • 藍 (あい)藍 (あい) 和の色として親しまれている藍の色のような、濃い青色
  • 胡粉 (ごふん)胡粉 (ごふん) 一切の淀みがない、真っ白なマニキュア 純白の胡粉ネイル

大切な第一印象

出会いを2出会いとは、ここでは恋愛に関して、大切な人や物事との出会いを考えてみましょう。
先にも述べたように、色は自己表現の大切なツールです。
人は見た目が9割というベストセラーがございます。またアメリカの心理学者アルバート・メラビアンは、人の第一印象は3~5秒で決まり、その情報の大半は視覚情報から得られている。視覚55%、声のトーン・話し方38%、話の内容7%と述べています。
見た目の印象というのはとても大きく、その中でも色の占めている割合いが大きいことに気づいていただけるでしょうか。
着ている衣装によって、その人の表情さえも違う印象に変えることが起こっているのです。

自己表現のためには、まず迷いをなくすことから

出会いを出会いには、第一印象のイメージをやはり大切に考えるべきと思います。
いつどんな出会いがあるかわからないものが、出会いですよね。
出会いたい人に出会える時がわかっていれば、出会いを求める必要がないということになります。すなわち、出会いを求める=常に自己表現を心がけるということです。自分に合った方とのご縁でなければ、良い出会いではないでしょう。
自分を表現し、その自分に気づき好感を持ってくれる方こそ、 良い出会いということになりますね。
自己表現とは最終的には、全ての色を身につけていただくことにはなるのですが、まず自己表現とは何かを見つけることから始めてみましょう。
第一段階はクリアゼーション(浄化)することで、自分の迷いをなくしていきましょう。
浄化の意味を沢山持っている水色、青、白をまとってください。