台湾で胡粉ネイルのイベントが行われました

白狐通信

白狐通信

台湾で胡粉ネイルのイベントが行われました

その時の様子を、イベントに参加した弊社の十代目 石田からレポートします。

台北でも有名なスポットとなっている以前はお寺だった場所で、上羽絵惣商品プロデュースのためのメディアインタビューと、ブロガーさんに投稿してもらえるよう商品サンプルを試してもらうイベントが開催されました。


会場は元々和風の建物なのですが、まるで上羽絵惣の台北支店のように京都日本の雰囲気が再現されていました。


メディアインタビューは4 社ほど来られ、1 社ではその日の夕方のニュースに取り上げてくださいました。

インタビューの中でも、色に対する質問はとても深く聞かれました、その中で、私がすごく最近感じてる言葉、言語の中に含まれている意味の深さと視覚から入る感覚の共感などのお話しをいたしました。台湾は勿論漢字の世界です、漢字には漢字の1字1 字に意味があると思うからです。


今回のブロガーさんは約30 名ほどで2 回に分けてイベントに参加いただきました。一人一人にお茶とお菓子のふるまいや、可愛いお弁当や着物の着付けなどのサービスもされており、みなさん楽しんでくださっていました。


通訳さんや日本語が少しわかる社員さんと色々なお話しが出来た中、日本も台湾も女性意識はあまり変わらないんだなあ感じましたし、仕事に対しての熱意など私が思う気持ちを良く理解いただけてるのがとても嬉しかったです。

イベント後はスタッフの方々の沢山のふるまいをいただきながら多くの語りが出来たことはとても有意義な時間となりました。

これからも良い繋がりになるよう努めていきたいと思っております。

白狐通信 一覧へ戻る

更新日: 2018年2月28日