橙系の色

和色セラピー 橙系

橙の実のような明るい黄赤色ですね。
橙の語源は、果実は冬になると色づきますが成熟しても落ちることがなく、翌年の夏には再び緑色を帯びるため「代々栄える」という縁起から正月のお飾りにも用いあられてます。(生産性をも表しています)

赤系と同じく火や太陽の色でもあるので、機動力と持続性を持っていますが、赤があくまでも「我を通す」に対し、橙は「好機が来るのをじっと待つ」と言われています。
前向きな楽観的な色ですね。

色の個性としては「親しみ」やすく、グループ活動を好み、自分自身の成功よりもグループ全体が達成したことに誇りを持つタイプです。
心が温かく寛大な面、劣等感に悩ませることも…
チャクラから見ると腹ということで「腹が立つ」「腹にためる」「腹黒い」など自分の感情を表すように橙には本質的な感情ともつながります。

オススメネイル

色言葉

明るい、楽しい、陽気、快活、活力、温和、明快、平和、温情、努力、楽天的、あたたかさ、笑顔、忍える、社交的、無私、大胆、勇敢、偏見を持たない、気前よい、向上心、生産

チャクラ

チャクラでいうと橙は仙骨のチャクラ = 「直観レベル」の感情、創造性 お腹のおへその下、丹田と言われる場所 数字では「2」を表し自分の始まりがあり次の人とのつながりを意味します。 生命エネルギーの創造的で、建設的、情緒的な表現

こんなときにオススメ

・人と楽しくコミニュケーションをとりたい ・楽天的になりたい ・寂しさ、悲しさなくしたい ・明るくなりたい ・社交的になりたい ・一歩前に踏み出したい ・自分の判断を信頼したい ・ジャンプしたい ・物事を効率よくおし進めていきたい

和色セラピー 一覧へ戻る

更新日: 2013年10月9日