あえてラフに描くのがお洒落『アート風水玉ネイル』

あえてラフに描くのがお洒落『アート風水玉ネイル』

目立たないヌーディーカラーは、何かと出番も多く重宝するので1本は持っておきたいですね。究極の肌なじみを目指したグレイッシュな大人ピンクの花霞(はながすみ)も、ワンカラーで使うなら控えめで落ち着いたヌーディーな1色。
でも、オフで使うにはちょっと物足りないなんてことありませんか。
ラフに描くアートライクなネイルデザインでグッと指先が華やかになります。花霞をベースに塗ることで派手過ぎず、多色使いでもまとまりのあるネイルアートに仕上がります。

胡粉ネイルのほかに準備する道具:つまようじ、スタッズなどネイルパーツ

★ネイルアートのやり方★

YOUTUBE動画でも紹介中!

    • あえてラフに描くのがお洒落『アート風水玉ネイル』 1

      1)爪全体に花霞を塗り、乾いたら、親指、中指、薬指に水浅黄で(みずあさぎ)丸を描きます。
      大小の変化をつけながら、爪の左右どちらかに寄せ気味で描いてください。
      あまり神経質にならず、ざっくりした丸で構いません。

    • あえてラフに描くのがお洒落『アート風水玉ネイル』 2

      2)水浅黄が乾いたら、同じように黄金色(おうごんいろ)、雲母桃(きらもも)で丸を描きます。
      1色ずつ乾かしながら、ところどころ重ねるように描いてください。

    • あえてラフに描くのがお洒落『アート風水玉ネイル』 3

      3)丸を描いたネイルが乾いたら、つまようじの先に古代岱赭(こだいたいしゃ)をつけ、丸を囲むように線を描きます。丸が重なっているところは、上に重なっている丸を優先して囲んだり、線を交差させたりします。
      線の太さが均一でなかったり、囲みが途中で途切れても構いません。ラフに描いてください。

    • あえてラフに描くのがお洒落『アート風水玉ネイル』 4

      4)人差し指と小指の爪の根元にスタッズなどネイルパーツをつけ、最後にスーパーコートを全体に塗り仕上げます。

一覧へ戻る

更新日: 2020年4月13日