ちょっとアバンギャルドに『アートなライン』

強い個性のある色合わせでも見せ方次第で現代アートのようなモダンな雰囲気のネイルデザインになります。秋冬に似合うくすみ系の伯林青(べれんす)や黄みのあるベージュの瑪瑙(めのう)に、明るい朱色の鮮紅朱(せんこうしゅ)とビビットな黄色のバナナを組合せました。
均一なラインではなく勢いをつけてシャッシャッと引くことで線に動きが出て、アーティスティックな仕上がりになります。ラフなパンツスタイル、マニッシュコーデに合わせてみてはいかがでしょうか。

胡粉ネイルのほかに準備する道具:つまようじ

★ネイルアートのやり方★

YOUTUBE動画でもご紹介中!

    • 1)伯林青、鮮紅朱、瑪瑙で指ごとに塗り分けます。今回は、親指と薬指を鮮紅朱、小指を伯林青、人差し指と中指に瑪瑙を塗りました。
      ベースに瑪瑙を塗った爪にアートしていきます。

    • 2)つまようじの先にバナナをつけてランダムに縦線を描きます。均一な真っすぐな線じゃなくてもラフな感じで構いません。次に伯林青で縦線を描きます。

    • 3)バナナ、伯林青の縦線が乾いたら、伯林青で縦線に重なるように斜めのラインを入れます。最後は力を抜くようにサッと引くと先が細くなる動きのあるラインが引けます。

    • 4)伯林青が乾いたら、同じように鮮紅朱で斜めのラインを描きます。隙間を埋めるより伯林青のラインに近づけて描くとより動きのあるアートになります。
      色の組み合わせを変えてデザインする時は、メインにしたい色は描く順番を後にして、一番手前にくるようにしてください。

一覧へ戻る

更新日: 2019年12月10日