ショートネイルにもおすすめ『初夏のフラワーネイル』

ショートネイルにもおすすめ『初夏のフラワーネイル』

春夏の定番カラーのひとつピンクを使って、和風のフラワーネイルを楽しみましょう。
初夏の花「つつじ」は、簡単な図形の組み合わせで出来る和テイストのネイルデザインです。
可愛いいちごみるくも、大人ピンクの京紅(きょうくれない)との色合わせで和ネイルに仕上げると、凛とした華やかな雰囲気に。
フットネイルにしても可愛いですよ。サンダルからチラリと見える足先から、一足早く夏を感じてみましょう。

胡粉ネイルのほかに準備する道具:つまようじ

★ネイルアートのやり方★

YOUTUBE動画でも紹介中!

    • ショートネイルにもおすすめ『初夏のフラワーネイル』

      1)爪全体にいちごみるくを塗り、乾いたら京紅で爪の先に半円を描きます。

    • ショートネイルにもおすすめ『初夏のフラワーネイル』

      2)つまようじの先に京紅をつけ、1で描いた半円の上部を1枚の花びらに見立て、左と左下に2枚花びらを描きます。
      丸みのある三角形を描くように描くと良いです。

    • ショートネイルにもおすすめ『初夏のフラワーネイル』

      3)京紅が乾いたら、つまようじの先に黄金色をつけ、花の中心に向かって花びらの境目にラインを描きます。
      ラインの先に“やく”の部分を描くと、よりおしべらしくなります。

    • ショートネイルにもおすすめ『初夏のフラワーネイル』

      4)つまようじの先につけた黄金色で花びらの斑点のようにドットを描きます。
      親指と薬指は、いちごみるくと京紅を入れ替えて描くとメリハリがつきます。

一覧へ戻る

更新日: 2020年5月22日