トーンの違う組み合わせで『柄くっきりマーブル』

同系色のマーブル模様は失敗が少なく安定のクオリティで作れるのですが、たまにはトーンの異なる色を使って模様をくっきりと際立たせたマーブル模様にしてみませんか。

今回は2018年・2019年秋冬限定カラーの柘榴色に瑪瑙を合わせてみました。どちらも秋冬コーデに合う落ち着いた色にラメを使って華やかさをプラス。
模様はつまようじ1本で簡単にできますが、速乾性のある胡粉ネイルを使う時は、少し面倒ですがマーブル模様は1本ずつ仕上げてください。

胡粉ネイルのほかに準備する道具:つまようじ、ラメグリッター、スタッズ

★ネイルアートのやり方★

YOUTUBE動画でもご紹介中!

    • 1)柘榴色を爪全体に一度塗りします。マーブル模様を描きたい爪に柘榴色と瑪瑙のネイル液を少し多めに爪に乗せます。

    • 2)乾かないうちにつまようじの先でマーブル模様になるように混ぜます。
      複数の爪にデザインする場合は、一気にやらずに1本ずつ仕上げてください。

    • 3)マーブル模様を描いていない爪に柘榴色を塗り、乾かないうちに、つまようじの先ですくい取ったラメグリッターを、つまようじを軽くたたきながら爪の上から散らします。
      スーパーコートを接着剤代わりしてスタッズをつけ、全ての爪のネイルが乾いたら、全体にスーパーコートを塗ります。

一覧へ戻る

更新日: 2019年12月10日