京都の紅葉をイメージ『マットカラーネイル』

胡粉ネイルは一度塗りで鮮やかなツヤのある色が特長のひとつですが、たまにはマットなカラーも楽しみたいっていう気分の時もありますよね。残念ながら胡粉ネイルにはマットコートがないので、ベビーパウダーや片栗粉の代わりに「胡粉」の粉を混ぜてマットカラーを作ってみました。
京都の秋といえば真っ赤に色づく紅葉が思い浮かびますが、色づきはじめの緑や黄色の葉が混ざり合う景色もまた綺麗なもの。そんな風景をネイルアートにしてみました。

胡粉ネイルのほかに準備する道具:胡粉(片栗粉やコーンスターチなどでOK)

★ネイルアートのやり方★

YOUTUBE動画でもご紹介中!

    • 1)艶紅、鶯緑、おみかん、古代岱赭で爪を塗り分けます。

    • 2)瑪瑙でフレンチネイルにします。

    • 3)スーパーコートに適量、片栗粉やコーンスターチを混ぜます。
      今回は「胡粉」を使いました。

    • 4)ネイルが乾いたらパウダーを混ぜたスーパーコートを塗ります。

ねいる図案帖 一覧へ戻る

更新日: 2020年11月18日