夏の醍醐味 かき氷ネイル

夏の醍醐味 かき氷ネイル

夏のスイーツと言えばかき氷!見ているだけで食べたくなる、かき氷ネイルです。シロップに見立てた色と月光銀(げっこうぎん)をつまようじで馴染ませるだけで、かき氷のシロップが氷に染み込んでいるように見えるんです。今回は素朴な感じに仕上げるために、スーパーコートを塗っていませんが、お好みでアレンジしてください。

胡粉ネイルのほかに準備する道具:つまようじ

★ネイルアートのやり方★

YOUTUBEYoutubeチャンネルで見る

  • 胡粉(ごふん)を塗る

    1)すべての爪に胡粉(ごふん)を塗ります。ムラが気になる場合は2度塗りします。

  • カラーを塗りつまようじで馴染ませる

    2)人差し指の爪先にバナナを少量塗り、乾かないうちに月光銀(げっこうぎん)を爪の中央に塗り、境目をつまようじで馴染ませます。つまようじを左右に動かすと、かき氷のシロップのようになります。

  • 同様に艶紅で塗る

    3)人差し指と同様に、中指は艶紅(つやべに)を塗り月光銀と馴染ませます。

  • 同様に水浅黄で塗る

    4)薬指は水浅黄(みずあさぎ)を塗り、月光銀と馴染ませます。

  • 月光銀を塗る

    5)小指の爪先2/3程度に、月光銀を塗ります。

  • 親指には鶯緑を塗る

    6)親指の爪先に鶯緑(うぐいすみどり)、中央に月光銀を塗り馴染ませます。

  • 小豆と白玉を描く

    7)つまようじの先で古代岱赭(こだいたいしゃ)をのせて小豆に見立てます、さらにつまようじの頭を使って胡粉で丸を描き、白玉に見立てて完成です。

ねいる図案帖 一覧へ戻る

更新日: 2022年7月31日