気分ふんわり『ラベンダーカラー』

気分ふんわり『ラベンダーカラー』

パステル系の色を使いたいけど、ピンクや黄色だとちょっと可愛すぎるかな、と思った時には少しクールな印象のラベンダーカラーを使ってみましょう。同じネイルデザインでも落ち着いた印象のアレンジに仕上がります。
今回はガーリーなチェック柄と花模様を、パステル調の藤紫白(ふじむらびゃく)やシアーな水藤(みずふじ)を使って、やわらかく大人っぽい指先にしてみました。
淡くぼんやりとした印象にならないように、小花に紫色の補色 黄色のバナナを使ってメリハリをつけています。

胡粉ネイルのほかに準備する道具:アイシャドーチップ、つまようじ、お好みでネイルパーツ

★ネイルアートのやり方★

YOUTUBE動画でも紹介中!

  • 気分ふんわり『ラベンダーカラー』

    1)人差し指と薬指には胡粉(ごふん)を、他の指には藤紫白をベースに塗り、乾かします。

  • 気分ふんわり『ラベンダーカラー』

    2)アイシャドーチップに藤紫白をつけ、胡粉をベースに塗った爪の根元の方と爪先の方に1本ずつラインを描きます。
    藤紫白の2本のラインの真ん中あたりに水藤で同じように横のラインを描きます。
    このとき3本の線の間隔はできるだけ均等になるように描いてください。

  • 気分ふんわり『ラベンダーカラー』

    3)ネイルが乾いたら、水藤で爪を縦に3分割するようにラインを描きます。

  • 気分ふんわり『ラベンダーカラー』

    4)つまようじの先にバナナをつけ、藤紫白をベースに塗った爪に小さな花をランダムに描きます。
    少し間隔を空けながら円形に5つドットを並べると花のように見えます。
    花の中央に古代岱赭でドットを描き、全体が乾いたらスーパーコートで仕上げます。
    お好みで半球パールやスタッズなどネイルパーツをつけてもいいです。

ねいる図案帖 一覧へ戻る

更新日: 2020年8月13日