胡粉ネイルをパーツで使う⁉『シンプル蒔絵ネイル』

胡粉ネイルの定番カラーの中では人気ベスト3に入る艶紅(つやべに)はツヤのある落ち着いた赤。塗り方や組み合わせる色次第で一年通して活躍する使い勝手の良い色です。

今回はくすみ系の秋冬限定カラー伯林青(べれんす)との組み合わせに、胡粉ネイルで自作したネイルシール代わりのパーツを使って、和服にも合う大人のネイルデザインにしました。ネイルシールやパーツは安価で手に入りますが、好みの色のものが見つからない時などに活用してみてください。

胡粉ネイルのほかに準備する道具:つまようじ、ハサミ、カッターやピンセットなど

★ネイルアートのやり方★

YOUTUBE動画でもご紹介中!

    • 1)金雲母、雲母、青口雲母をクリアファイルの上に厚めに塗ります。ネイル液を多めに置いてからつまようじで広げても良いです。

    • 2)しっかりと乾いたらクリアファイルから剥がし、ハサミで小さく切ります。剥がしにくい時は端をカッターやピンセットなどで少し浮かしてから指でつまんで剥がしてください。

    • 3)艶紅と伯林青をバランスよく塗り分け、乾いたらパーツを貼りたい位置に接着剤代わりのスーパーコートを塗り、小さく切ったパーツをバランスよくのせます。
      パーツ用のネイルを乾かしている間に艶紅と伯林青を塗っておけば時間短縮になります。

    • 4)最後にスーパーコートを全体に塗り仕上げます。

一覧へ戻る

更新日: 2019年10月28日