艶やかな着物のような和風ネイル

和風ネイル

春に好まれる着物の文様、霞文様に小花をあしらってアレンジ。金霞(きんがすみ)をベースに黄金色(おうごんいろ)や緋銅色(ひどういろ)といった煌びやかな色を使い、さらに七宝模様をイメージしたパーツ、ラインストーンやパールもプラスしているので、とても華やか。ハレの日にぴったりのネイルデザインです。

胡粉ネイルのほかに準備する道具:つまようじ、オーバル型の金のパーツ、ラインストーン(大、小)、パールパーツ(小)

★ネイルアートのやり方★

YOUTUBEYoutubeチャンネルで見る

  • 金霞を3度塗り

    1)全ての指に金霞を3度塗りします。

  • オーバル型の金のパーツをおく

    2)スーパーコートを人差し指と薬指の爪の生え際あたりに塗り、オーバル型の金のパーツをつまようじを使って七宝模様になるように置きます。

  • ラインストーンをおく

    3)ラインストーンをその中央につまようじを使って置きます。

  • 黄金色でラインを引く

    4)親指と中指は黄金色をつまようじの背で上、真ん中、下の順に、交互にラインを引き、適当な感覚で止めます。小指は上と下の2本引きます。

  • 2本のラインを入れる

    5)月光銀(げっこうぎん)で黄金色を挟むように2本のラインを入れ、霞文様にします。

  • 小さな花を描く

    6)緋銅色をつまようじの先に少し付け、4つの点で小さな花になるようにランダムに散りばめます。

  • パーツを置く

    7)小さめのパールパーツと、ラインストーンをつまようじを使ってランダムに散りばめます。

  • スーパーコートを塗る

    8)全ての爪にスーパーコートを塗れば完成です。

ねいる図案帖 一覧へ戻る

更新日: 2021年4月16日