身近な道具だけでできる『グラデーション&マーブル』

身近な道具だけでできる『グラデーション&マーブル』

グラデーションと言えば、セルフネイルでも簡単にできる定番のデザインですが、重ね塗りでできるクリアカラーと違い、マット(不透明)な色でグラデーションをするにはちょっとコツがいります。同じようなやり方でマーブル柄(タイダイ)も出来ちゃうので2種を織り交ぜたデザインにしてみました。
グラデーションもマーブルもクリア系カラーと組み合わせるとやりやすいので、ラメ入りの金雲母(きんうんも)を入れて軽さと華やかさをプラス。
どちらもつまようじで混ぜながら爪に広げていくので、「ネイルアートをすると爪からはみ出してしまう…」という方にもおすすめですよ。

胡粉ネイルのほかに準備する道具:つまようじ

★ネイルアートのやり方★

  • 身近な道具だけでできる『グラデーション&マーブル』

    1)グラデーションは、爪の根元から2/3くらいまで金雲母を少し多めにのせます。

  • 身近な道具だけでできる『グラデーション&マーブル』

    2)こころもち間を空けて爪の先に花菊(はなぎく)を塗ります。
    不透明なカラーを多くしすぎるとクリアカラーの部分が狭くなるので、バランスよく仕上げるには1:2の割合で塗ってください。

  • 身近な道具だけでできる『グラデーション&マーブル』

    3)2色が乾く前につまようじで2色の境目を混ぜながら馴染ませます。

  • 身近な道具だけでできる『グラデーション&マーブル』

    4)マーブル模様は、間隔を空けて2~3ヵ所紫苑(しおん)をのせます。
    爪の大きさに合わせて調整してください。

  • 身近な道具だけでできる『グラデーション&マーブル』

    5)紫苑にくっつかないように花菊も2~3ヵ所のせます。

  • 身近な道具だけでできる『グラデーション&マーブル』

    6)紫苑にくっつかないように花菊も2~3ヵ所のせます。

  • 身近な道具だけでできる『グラデーション&マーブル』
  • 身近な道具だけでできる『グラデーション&マーブル』

    7)3色が乾く前につまようじで、色の境界線を混ぜながら爪全体にネイルを広げます。
    グラデーションとマーブル柄をどの指にするかは、バランスをみて好みで決めてください。
    ネイル液を多めにのせるので、乾くまでに少し時間がかかります。

ねいる図案帖 一覧へ戻る

更新日: 2020年10月16日