身近な道具であったか質感『ふわふわブランケットネイル』

身近な道具であったか質感『ふわふわブランケットネイル』

ピンクやヌーディーカラーが好きな方はグリーンやブルーの個性的なネイルはちょっと敬遠しちゃいますよね。ビビッドなカラーだと悪目立ちすることもありますが、落ち着いた大人色の青やくすみのある渋い緑なら秋冬のファッションとも馴染みやすいので、今シーズンはちょっと冒険してみませんか。
今回は秋冬定番のブランケットデザインをテーマに、よりファッションに馴染むように、モコモコ、ふわふわのマットな質感に仕上げました。
利き手じゃない方の手でもチェック模様が描けるやり方なので、実際に利き手(右手)にアートしてみました。セルフネイル初心者さんもぶきっちょさんも簡単にプロ級ネイルアートが楽しめます。

胡粉ネイルのほかに準備する道具:つまようじ、ティッシュ、化粧パフのような目の細かいスポンジ

★ネイルアートのやり方★

YOUTUBEYoutubeチャンネルで見る

  • 身近な道具であったか質感『ふわふわブランケットネイル』

    1)ティッシュを1枚に剥がし、紙目に沿って爪の幅より広めに裂き、爪の数だけ切り離します。
    ティッシュの端が短辺の一方にくるように切っておくと後の工程が楽です。

  • 身近な道具であったか質感『ふわふわブランケットネイル』

    2)薬指以外は天鵞絨(びろうど)を塗り、ネイルが乾かないうちにティッシュの端(真っすぐなところ)を爪の生え際に合わせて貼ります。

  • 身近な道具であったか質感『ふわふわブランケットネイル』

    3)爪に密着してないところをつまようじで押さえ、余分な部分を取り除きます。
    ネイル液が浸透すると濡れているところと濡れていないところの境目で綺麗に切り離せます。切り取りづらい場合は工程の4)を先に行ってください。

  • 身近な道具であったか質感『ふわふわブランケットネイル』

    4)上から軽くハケで叩くように天鵞絨を重ね塗り、白いところが残らないように染み込ませます。

  • 身近な道具であったか質感『ふわふわブランケットネイル』

    5)濡れてツヤのあるところがなくなるまで、余分なネイルをティッシュなどで軽く叩くように拭き取ります。

  • 身近な道具であったか質感『ふわふわブランケットネイル』

    6)薬指は嵯峨鼠(さがねず)で同様に仕上げます。

  • 身近な道具であったか質感『ふわふわブランケットネイル』

    7)ベースが乾いたら、化粧パフなどの目の細かいスポンジの角(辺)に鮮紅朱(せんこうしゅ)をつけ、中指と小指に軽く叩くように縦の直線を描きます。

  • 身近な道具であったか質感『ふわふわブランケットネイル』

    8)同様に瑪瑙(めのう)をつけ直線を描きます。バランスを見ながら横の線も描きチェック模様を作ります。
    ツヤを出さないため仕上げにスーパーコートは塗りません。

ねいる図案帖 一覧へ戻る

更新日: 2020年11月13日