風流な雪景色風ネイル

風流な雪景色風ネイル

冬と言えば雪景色。今回は笹の葉に降り積もった雪をイメージした、風流なネイルアレンジです。ベースに塗った落ち着きのある紫色と笹の葉の緑色の相性もばっちり。薬指は胡粉(ごふん)とパールパーツを組み合わせて、あえて真っ白にしました。一色塗りでもパールパーツの立体感で、印象的な指先になりますよ。

胡粉ネイルのほかに準備する道具:つまようじ、パールパーツ(大・小)

★ネイルアートのやり方★

YOUTUBEYoutubeチャンネルで見る

  • 紫苑を2度塗り

    1)薬指以外の爪に、紫苑(しおん)をムラなく二度塗りします。

  • 胡粉を2度塗り

    2)薬指の爪に、胡粉をムラなく二度塗りします。

  • 笹の葉を描く

    3)紫苑を塗った爪が乾いたら、つまようじを使って鶯緑(うぐいすみどり)で笹の葉を描きます。笹の葉の形が放射状になるように、根元から先に向かって描くのがポイント。3枚葉もしくは2枚葉を、バランスを見ながら2ヶ所に描きます。

  • 月光銀を重ね塗り

    4)笹の葉を乾かしている間に、薬指の爪に月光銀を重ね塗りします。

  • 黄金色で線を描く

    5)笹の葉が乾いたら、葉の外側を縁取るようにつまようじを使って黄金色(おうごんいろ)で線を描きます。

  • 胡粉で雪を描く

    6)乾いたら、葉の根元に積もる雪をイメージして、胡粉で雪を描きます。

  • パールパーツを置く

    7)薬指の爪に塗った月光銀が乾いたら、スーパーコートを接着剤代わりにして、つまようじを使って大小のパールパーツをバランス良く置きます。爪の先に斜めに並ぶようにバランスを見ながら配置してください。

  • スーパーコートを塗る

    8)全ての爪にスーパーコートを塗れば完成です。

ねいる図案帖 一覧へ戻る

更新日: 2022年1月14日